モビットのメリットは在籍確認をなくす方法があること

 

消費者金融だけではなく銀行カードローンでもクレジットカードでも申し込みをすると必ず審査があります。
その審査では信用力と返済能力を考慮していますが、申し込み情報の裏付け作業も行われます。
それが在籍確認です。

在籍確認とは申込書に記入されている勤務先が真実のものであることを確認するための手続きです。
実際にその消費者金融や銀行カードローンが勤務先に電話をして在籍していることを確認します。
モビット口コミを確認してみてもまた同じように行いますが、貸金業法で債務の事実を第三者に伝えることを禁止しているため消費者金融名を伝えることも、キャッシングの申し込みであることも伝えることはありません。
電話をする担当者が個人名を使っての電話であり、その電話口で細かな情報を引き出すこともありません。
「○○さんはいらっしゃいますか」この程度のものです。
実際にその場にいなくても、電話口に出なくても構いません。
「そのようなものは当社には在籍していません」という回答になれば勤務先の虚偽が確認されますが、それ以外の回答、例えば「只今席を外しております」のようなものであればそれだけで在籍は確認できます。

ところがモビットでは申し出ることで勤め先確認を電話ではなく在籍証明書で対応できます。
源泉徴収票や所得証明書など、その勤務先に確実に勤めていることを確認できるだけの書類があれば在籍確認がなくなる、それもまたモビットのメリットとして人気があります。